FX口座の注意点をしろう【円単位で急激に相場が変動】

日本語サポート対応業者

貯金箱

リスクはそれほど高くない

2018年にも国内FX業者がレバレッジ10倍以下に制限される動きがあることから、今海外FX口座を開設される方が増えて人気となっています。海外では国内業者と違って、レバレッジ上限規制が緩いので400倍や500倍、中には1000倍かけられる業者も存在ます。ただ、不安なのは海外FXということもあってサイトも英語で書かれているのではないかということです。英語が読めないから何が書いているか分からない、そういった方は日本語サポート対応している業者で口座開設をすることです。日本語でサイトが書かれており、何かあった場合のサポートも日本語で対応してくれる海外FX業者で口座をすれば安心です。また、不安な点として高いレバレッジをかけることができるぶんリターンも大きいですが、損失するときの金額も大きいことです。急激な相場変動によっては、預けた証拠金残高を下回りマイナスになることもあるのです。例えば、証拠金残高がマイナス10万円となった場合は、国内FX業者だと追証といって証拠金を期限まで入金しなければならなくなります。それが、海外FX口座である場合証拠金残高がマイナスになったとしても業者側が損失を負担してくれるゼロカットシステムが作動するのです。口座残高のマイナスがどれだけ多額であろうと全額弁済を求められることがないのです。そのため海外FX口座は、レバレッジが高い分リスクが高いと見られてしまいますが、実質的には国内よりもリスクが低いのです。

Copyright© 2018 FX口座の注意点をしろう【円単位で急激に相場が変動】 All Rights Reserved.